COLUMN

投影

他人は自分を映す鏡

2021年8月号

心の悩みの多くは人間関係によるものです。特に仕事上の苦手な人との付き合いはストレスが高いですね。そういう場合、大抵は相手も同じように感じていることが多いものです。人間関係を理解するときに臨床心理の世界では「投影」という現象がよく使われます。「他人は自分を映す鏡」ということなら聞いたことがあるかもしれません。これは、プロジェクションマッピングのような錯覚による現象で、現実を見ているつもりが、実はお互いに自分の心の中のイメージを相手の姿の上に映し出していることです。

苦手と感じる人に出会った時には、そのような視点から考えてみると少し相手のことも、自分のことも理解でき、付き合う方法が見えてくるかもしれません。ストレスコントロールには自己理解が近道です。試してみてくださいね。

ワンポイントアドバイス 表情のないキャラクターやぬいぐるみに、喜怒哀楽が見えたら、それはきっとその時のあなたの気持ちが見えています。メンタルコンディションチェックにお役立てください。

関連記事

  1. 読書とお茶会
  2. 怒りの感情
  3. SNS疲れ
  4. Well-being

おすすめ記事

  1. わらっている子どもたち
  2. 思春期

おすすめ記事

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP